Points

先端IT人材の
育成強化

日本のIT業界の課題とは?

Theme

日本のITを支える存在であるSE。しかし経済産業省の調査でも領域によっては将来的に人材が余剰となることも指摘されており、2030年にはAIやIoTに関わる先端人材は55万人不足する一方で受託開発や保守運用を担う従来型IT人材は10万人余り、まさに人材不足と人材余剰が同時に起こると言われています。
人材不足が問題視され、将来性が高いと考えられているのが最先端の技術を扱うシステムエンジニア(先端SE)です。AI、機械学習、IoT、ビッグデータとデータサイエンスといった先端技術を利用するスキルを持つエンジニアを指しています。
学習コストの高さから希少価値が高く、絶対数も少ないため需要は高まり続けています。
CloudSoftはこうした課題に真摯に向き合い、改善改革を掲げ、先端SE育成の基盤を構築するために全力で動き始めています。

Cloud Softが考える、
”SES業界の在り方”

Way to
受注単価を公開

01

エンジニアファーストを実現

従来のSES業界には不透明さや融通の利かなさが非常に目立ち、多くの改善課題があります。
案件選択制・高単価の透明性・女性の働きやすさという基盤を整えることが、未来の先端SE人材を育てるファーストステップとなると考え、エンジニアが安心して実力を十分に発揮できるような環境作りに注力しています。
さらに「fargrit®」の導入や充実した社内制度と福利厚生により、SES業界に新しい風を吹かせます。

生産性の改善

02

生産性の改善

人口減少を迎える日本ではこれからの未来、AIが広く社会に普及することによって、雇用や働き方が大きく変化していくことが予想されています。

人口減少によって働く人口も減り、それによって生じる生産量減少の問題を解決するためには、生産性の向上改善を行う必要があります。これは日本企業にとって最大の課題なのです。
生産性向上のためにはオートメーション化によって生産量の拡大を図る必要があります。このオートメーション化に必要なのは「技術進歩=イノベーション」を起こすことであり、先端SE人材の増員は、イノベーションを起こすために絶対に外すことのできない条件です。

少子高齢化による労働力不足は、AIを現場に導入して生産性をアップする絶好の機会をもたらしています。日本は既にAIをはじめとする第4次産業革命への乗り遅れが指摘されていますが、成年の日本人の読解力と数的思考力は世界一であり、AIなど新しいツールを使いこなせる素養が十分にあるでしょう。CloudSoftでは先端SEを育てるために急ぐことが、未来のために率先して行わなければならないことだと考えています。

先端SEの人材育成

03

先端SEの人材育成

SEの中でも将来的に需要があるかどうかは、先端IT人材か従来型IT人材か、身に着けたスキルなどによって異なります。
これから先も時代に求められるSEとして活躍できるよう、CloudSoftでは従来SEから最先端SEへ必要な技術、知識など効率的な教育カリキュラムを組み、次世代に向けた人材育成投資を行なうことに注力します。

Cloud Softの
勉強制度について

Study
「Udemy Business」

実践かつ最先端の知見が学べる
「Udemy Business」

いつでもどこでも最先端のプログラミング技術を学び放題。

VIEW MORE
「Udemy Business」

約10万円の外部講師を
自己負担なしで受講可能。

エンジニアスキルだけではなく、ヒューマンスキルが身に付く個別研修やリーダーシップ研修、コーチング研修など、外部研修の受講を推奨しています。会社が費用を負担するので、自己負担なしで受講可能です。

女性に嬉しい福利厚生って?
What’s

Udemy Businessとは?

無制限に繰り返し学べる,実践的な学習ができる、学習したい分野にピンポイントで勉強できる、一方通行ではなく、講師に質問もできる時間や場所を選ばず学習が進められる動画の数が豊富なので自分の学習したい分野やツールをピンポイントで勉強できるなどメリットがたくさん!

例えばどんな外部研修がうけられるか?

エンジニアスキルだけでなく、ヒューマンスキルが身につく個別研修やリーダーシップ研修、コーチング研修など外部研修の受講を推奨しています。会社が費用を負担するので、自己負担なしで受講可能です。